07≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09
■スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
■夫の趣味
妻の日記

この夏の猛暑でうちの庭は荒地となった。
花達は枯れはて、増えるのは雑草ばかり。
気になってはいたのだが虫の嫌いな私は見てみぬ振りをしていた。

しかし、みるに見かねてある日思った。
このままではもったいない。見てくれも悪いし。
それに娘にもいい影響があるように思えない。
どうにかしなければ。
でも私にはこの庭にでる勇気と気力がない。
どうすればよいか・・・

前々から庭の整理は夫に何度か頼んだことはあったのだが
夫もめんどくさいらしく、中々重い腰をあげてはくれなかった。
なんとか彼をその気にさせることはできないものか・・・

妻:「ねぇ庭の整理してよ」
夫:「わかってるけどなかなかね~」
妻:「うちしたらいいねんけどちょっと忙しいねん」
夫:「そうやな~」
あ~今日もしてもらえそうにないか。
そうだ!
妻:「炭火家の中でするのくさいから嫌やって
   言ってたけど庭整備したらそこでやってもいいよ」
夫:「おっ!!それいいね~!」

炭火。
それはアウトドア好きの夫が
「頼むから買ってくれ!」とホームセンターで
しぶる私を説得し購入した水コンロである。
七輪みたいなもので炭の下に水を張るところがあり
煙が少なめになるというものだ。

しかし、以前それで大きな鳥モモ肉を焼いた時
火が十分に通っておらず、私だけその晩お腹をこわした。
(夫はびくともしなかった)

ある日は炭をおこしている時、息苦しいと思ったら、
ガス検知器が作動した。
(夫はびくともしなかった)
ちなみにこの時私は妊娠中だったので身の危険を感じ
かなり激怒した。

しかし夫はあきらめず、私がつわりでしんどく
実家に帰っていたときに友人を呼び、焼肉をし
きちんと洗い物をしてなかったため家中臭くなり
帰ってきた私を再び激怒させた。

こんなことが重なり炭火はしばらく封印され
夫がうっかり「炭・・・」と口走ろうものなら
私からするどい視線をあびるという状態が続いていたのだ。

思いもよらず炭火解禁のお許しが出て
それから彼の動きが変わった。

近くのホームセンターに行き、机と椅子を買うと
言い出したので、狭くてそんなものおけるはずないだろ
となんとかなだめ、縁台を購入。
わりと大きいものなのに足取りも軽く早々に
持ち帰り、みがき、ニスをぬり、ピカピカに。

蚊が近くに寄らないスプレーを撒き
雑草をむしり、なんとか生き残っている観葉植物たちを
移動させゴミを整理。柵にはすだれを設置。
私が子守をしている間にあっという間に見違えるような
空間にしてしまった。
そんなに炭火がしたかったのか・・・

それからというものの、すっかり夫の週末の楽しみとして
定着してしまい、私が晩御飯を作るのを渋っていると
「じゃあ今日は炭火にしようよ!」
といきいきした顔で夫は冷蔵庫に焼けるものはないか
チェックしあっという間に準備してしまうのである。

最近毎週のようにこんな感じなので
ちょっと飽きてきているのですが、夫があまりに楽しそうなので
しばらくは続行しそうな気配です。
そのうちおでんとか鍋とか持ち出すかも・・・
とても狭い庭なので、近所迷惑にならないよう
控えめにと祈るばかりです。

ししゃもです。さんまも焼いたのですが
煙がすごく禁止条例をだしました。
(庭がとても狭く、お隣にもろ煙がいくので・・・)
VFTS0026_0.jpg


しめの焼きおにぎりです
これは美味しかったな~
VFTS0028_1.jpg


あたりめをあぶりながら焼酎で一杯。
私は授乳中なので残念ながらお茶で。
VFTS0029_1.jpg


小さいですがいちお月も見えます
風流やのお~
VFTS0030_1.jpg


ぶつくさ文句をいいながらも、子供を寝かしつけ、
一緒に楽しんじゃってる妻なのでした。
たまにはこういう夫婦の時間もなくっちゃね
スポンサーサイト
テーマ:アウトドア - ジャンル:趣味・実用
トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■母に習えばうまうまごはん
母に習えばウマウマごはん 母に習えばウマウマごはん
小栗 一江、小栗 左多里 他 (2005/06)
ソニーマガジンズ
この商品の詳細を見る


簡単な家庭料理が漫画とともに紹介されています。
簡単ですが味も美味しく、これに載っている
「豚バラのおろし煮」は父も夫も絶賛です!
私はあんまり作らない料理もありますが、一緒についている
漫画がおもしろく心温まる感じなので何度も見てしまいます。
こんなおおらかなお母さんになりたいな~。
テーマ:簡単おいしいレシピ - ジャンル:結婚・家庭生活
トラックバック(0) | コメント(2) | top↑
■菜のは
VFTS0125.jpg


幕張でうろうろしていると、以前テレビで見かけた自然食ビュッフェを
発見!最近野菜不足だったので早速はいってみることにした。

中は少し込み合っており、2組ほど待ってようやく席に着くことができた。
内装は落ち着いたおしゃれな感じで、
若い人から中高年の人までわりと年齢層は幅広く、
ビュッフェということでお酒を飲んでいる人は少なかった。
VFTS0005_3.jpg


店員さんの説明によると料理の種類は60種類近くあるらしく、
次から次へと新しい料理がでてくる。嬉しくなった私たちはそれぞれ
黙々と料理と席の間を往復し、あっという間にテーブルの上は食べ物で
いっぱいになった。

野菜から肉・魚・ごはんもの・そば・汁物・飲み物・デザートと
種類がとても豊富でどれもこれも美味しかった。
これが皆、千葉県産だというからすごい。
うーん。千葉って素晴らしい!

妻はデザートの白玉ぜんざいがお気に入り。
夫はほんとにどれもこれも美味しかったらしく、
3皿分くらい食べてしまい、
帰りにはどっちが妊婦か分からない状態になっていた。

こんな店が近くにあったら私たちは一気に太ってしまいそう。
体にはいいものばかりだけどね。これは歯止めが利きませんな。
テーマ:バイキング・食べ放題 - ジャンル:グルメ
トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■LUCCA
常盤平をてくてく歩いていると、なんだか雰囲気の良さそうなお店を発見。
次の用事まで時間があったので今日のランチはここに決定。

中に入ってみると店内も落ち着いたいい雰囲気。
主婦の集まりもあれば、一人できているおじさんも。
一人で来ても特に抵抗はなさそうだ。
優しそうなお兄さんが注文をとりにきてくれた。

さっそく950円のパスタランチを注文。

まず自家製パンがでてきた。
オリーブオイル付でなかなか柔らかくておいしい。

今日のパスタはしらすとミニトマトと青菜のスパゲッティ。
多分青菜は小松菜だ。パスタは細めでよくソースが絡んでいて、
塩加減もちょうどいい。ヘルシーだし、とても食べやすく美味しかった。
VFTS0007_1.jpg


デザートはおしゃれなプリンだった。
セットの割にそこそこの大きさがあって嬉しい(^-^)
甘さもちょうど良い。
VFTS0008_0.jpg


ランチは950円~1800円とちょっとお高めに感じるが、
デザートも付くので、量的にもちょうどいい感じだった。
おしゃれだしデートには良いかも。

お会計の時にちらっとシェフが見え、笑顔で挨拶してくれた。
なかなか若くて男前。うーんそこもポイントかも(^-^)
テーマ:パスタ - ジャンル:グルメ
トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
■ボンシャンス!
前々から行ってみたかった元山にある「ボンシャンス!」というケーキ屋さんへ出発!
うちから徒歩30分以上かかるが、妻のしつこい押しに負け、寒い中出発するこことなる。

到着してみると交通の便の悪さと、住宅地の真ん中にあるとは思えないくらいの繁盛振り!
次から次へとお客さん達がやってきて、私たちが着いた2時半頃には
ほとんどのケーキが売り切れていた。

喫茶スペースへ行き、夫は和栗のモンブラン。妻はベリー系の果物がのったチョコムースのようなケーキを注文する。
VFTS0176.jpg


そこそこの期待はしていたが、それ以上の美味しさに二人とも大興奮!
お互いのケーキを交換し、他のお客さんがいることも忘れ、「うーん。上品な甘さだ」「まさかモンブランの中にこんなものが!」「今まで食べたチョコケーキとは一味違う!」などとうるさい客なのであった。
VFTS0177.jpg


妻の「もう一個食べれる」という欲望を何とか押さえ、夕飯のデザートにしようと意見を落ち着け、店一番人気の苺のショートケーキ購入した。
いや~あそこはお勧めだけど、あんまり人には言いたくないくらい美味しかったなぁ(^0^)

<後日談>
帰宅後、夕食を済まし、そろそろ風呂へ入って寝ようかというころ、妻がおもむろに今日、買ってきたショートケーキを持ってきて、食べ始めた。一口食べるや否や、「うっひゃひゃひゃ」と笑い出した。「どうした?」と夫がびっくりして尋ねると、妻は一言。
「うまい!」
一番人気のショートケーキはやはり絶品であった。

VFTS0004_1.jpg

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ
トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
| ホーム |
プロフィール

まるこ

Author:まるこ
夫(nanoパパ):33歳。我が子にメロメロで、娘を笑わせることに日々勢力をそそいでいる。食事・オムツ替え・娘と二人での外出など一通りの育児をこなすマイホームパパ。ようやく我が子に懐かれ、「パパ好きで困る」と嬉しい悲鳴。

妻(まるこ):30歳。現在子育て奮闘中の新人ママ。子連れでいける行事をさがしあちこちにでかける毎日。娘と教育テレビばかり見ているので、夢の世界の住人のようになっている。母乳だからと調子にのって食べすぎ、やや太りつつあるのが気がかり。

娘(nanoko):おしゃべり大好き元気な女の子。小さい体からは想像できないパワーで大人を翻弄する毎日。最近のマイブームは鼻歌とダンス。好きな食べ物はお好み焼き・金時豆。猫のこまるとしまじろうが大好き。ママには言わないおはようも、こまるとしまじろうにははっきりと言う。

猫(こまる):5歳。夫婦が結婚した時から家族の一員に。何をせずともnanokoの笑いを誘える唯一の存在。nanokoに好かれすぎて危険を感じ逃げ回る毎日。

いくつになったの

*script by KT*
いくつになったの
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。